1. HOME
  2. 病院のご案内
  3. 平成29年度 病院指標
病院のご案内

平成29年度 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 672 82 85 127 195 260 714 926 932 256

丹波医療圏は、65歳以上人口が全体の32.4%を占めている。このため、60歳以上が66.6%と高い比率をしめています。
14歳以下人口が12.5%の当医療圏は、小児科入院、分娩対応医療機関が少ないため、小児科、産婦人科がある当院では、小児(0~、10~)は、 17.7%を占めています。(人口比率:国勢調査報)

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 67 3.15 3.03 0 70.01
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 56 20.8 17.71 14.29 86.13
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 4.93 4.62 0 73.64
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 12.72 10.61 0 75.14
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 12.59 11.21 3.70 79.63

内科は、地域の基幹病院として総合的な役割を果たすため、分野化せず一つの診療科(内科)として各分野の専門医が協力して担当しています。
循環器内科系は、24時間PCIに対応しており、心不全、虚血性心疾患が多くなっています。
消化器内科系は、内視鏡による検査、手術を多く実施しています。
DPC以外の入院(短期滞在手術入院料 以下「DPC以外の入院」)では、内視鏡による大腸ポリープ切除の入院(126件)等があります。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 111 6.94 6.18 1.8 0
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 74 4.64 6.03 1.35 1.22
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 66 3.77 10.05 4.55 2.83
100380xxxxxxxx 体液量減少症 51 3.96 9.16 0 2.78
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 4.63 5.7 0 2.93

DPC入院の患者数が一番多い「妊娠期間短縮、低出産体重に関する障害」は、お産に関連した新生児疾患で、母体の感染症による影響を受けた新生児、 低出産体重、帝王切開により生まれた新生児、早産児、出産時仮死等です。産婦人科からの要請に応じ、連携しながら新生児の管理・治療にあたり、合併 症の発生を防ぐことに尽力しています。
次ぎに多いのは、インフルエンザ、ウイルス性肺炎等ウイルス感染症による入院です。3番目に多いのは、脱水症です。 DPC以外の入院では、食物アレルギーの治療です。(74件)

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 8.88 7.40 3.85 61.38
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 20 7.25 6.64 0 66.90
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 17 6.82 7.01 0 51.71
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 3.08 3.58 0 58.15
060040xx02x1xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 1あり 12 20.75 34.77 8.33 68.58

DPC対象入院では、良性疾患である胆嚢結石に対する手術目的での入院が最も多くなっています。
悪性疾患では、直腸がんに対する手術目的入院が多くなっています。ともに、ほとんどの症例に低侵襲な腹腔鏡手術を実施しています。
DPC以外の入院では、鼠径ヘルニアの手術目的の入院が多く、腹腔鏡下手術(35件)、内視鏡下手術(20件)となっています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 52 22.67 27.09 86.54 83.15
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 40 24.15 19.94 52.5 82.48
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 14 3.71 5.21 0 55.50
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 14 5.86 5.51 0 68.36
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 12 33.92 19.97 33.33 78.50

高齢者多い丹波医療圏の状況を反映して、高齢者の骨折疾患(大腿骨近位部骨折、脊椎圧迫骨折)が多くなっています。
高齢者の入院が多いため、平均在院日数が長くなる傾向があります。
患者様のご自宅に近い医療機関でリハビリを続けていただくため、地域医療連携に努めています。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 23 9.96 9.75 0 33.48
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 22 6.23 6.37 0 48.55
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 14 10.29 9.91 0 47.50
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 12 19 20.41 16.67 30.00
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 12 10.50 10.27 0 51.42

最も多い、「胎児及び胎児付属物の異常子宮全摘術等」は、胎児や、羊水、胎盤の要因で帝王切開になった症例です。(既往帝王切開や双胎等の母体要件 のみの帝王切開は含みません。)次ぎに多い卵巣の良性腫瘍卵巣部分切除」は、卵巣嚢腫の開腹手術、「子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等」は、子宮筋腫や 子宮ポリープ等で手術加療を行った、産婦人科良性腫瘍手術のための入院です。また、最近では、5番目の卵巣の良性腫瘍・・・腹腔鏡によるもの等」の腹腔鏡 手術を行うことが多くなりました。
DPC以外の入院では、子宮頸部切除術等(31件)があります。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 50 7.84 7.31 0 73.48
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 18 2.00 2.73 0 64.78
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 12 6.25 5.74 8.33 76.08
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 12 5.92 5.75 0 65.67
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 11 3.00 14.81 0 80.36

膀胱腫瘍・悪性腫瘍の疾患で、内視鏡等による手術目的入院が多い。
結石の疾患も多く、体外衝撃波破砕術等を行っています。
DPC以外の入院では、前立腺針生検(61件)、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(37件)を受ける患者様が多い。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020210xx99x1xx 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2 あり 17 2.00 2.56 0 70.88
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等2 4あり 15 2.00 2.47 0 75.47
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 11 7.00 6.63 0 70.73
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 10 14.7 10.21 0 57.30
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし - - 3.29 - -

眼科で多い白内障の手術入院(245件)がDPC以外の短期滞在入院料の対象となっているため、DPC入院の件数は少なくなっている。
DPCでは、高齢者の多い地域を反映して、黄斑変性、眼瞼下垂等の疾患が多くなっています。

※患者数が10人未満の場合は、「-」で表示しています。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.48 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.15 - -
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 - - 8.01 - -
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり - - 7.58 - -
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - 9.45 - -

※患者数が10人未満の場合は、「-」で表示しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 36 - 19 23 11 23 1 7
大腸癌 15 15 24 24 14 16 1 7
乳癌 11 14 - - - - 1 7
肺癌 - 10 - - 1 7
肝癌 - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

地域がん診療拠点病院の指定を受け、がん登録、検査、治療担当している。
乳がんについても、柏原赤十字病院の協力を得て、治療を行っている。
肺がん、肝臓がん等については、大学病院、がんセンター等の専門医療機関へ紹介を行っている。

※患者数が10人未満の場合は、「-」で表示しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 39 14.31 82.31
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -

高齢患者が多く、平均年齢は82歳を超えています。
(参考)軽症は8人(平均年齢60.25歳)、重症は5人(平均年齢88.80歳)年齢が高いほど重症化しています。

※患者数が10人未満の場合は、「-」で表示しています。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 26 16.85 78.85 34.48
その他 - - - -

神経内科、脳神経外科の常勤医師がいないため、急性期血栓溶解療法等の適応患者様は、脳神経外科等の専門病院に紹介(転送)しています。

※患者数が10人未満の場合は、「-」で表示しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 133 1.47 1.30 0 68.58
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 49 4.02 20.53 6.12 77.53
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 43 2.07 5.74 2.33 75.47
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 等 24 6.08 12.08 4.17 79.54
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 24 0.13 12.46 8.33 69.13

地域の医療機関からの紹介等で内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術を実施しています。
また、救急体制の整備により、24時間PCIを行うことができ、虚血性心疾患に対する手術も多くなっている。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術・眼内レンズ(その他のもの)を挿入 等 263 0.31 1.81 0 76.92
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 等 34 0.76 9.50 0 67.12
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K2821イ 水晶体再建術・眼内レンズ(縫着レンズ)を挿入 等 - - - - -
K0051 皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -

高齢者の多い地域性を反映し、白内障、硝子体、眼瞼下垂の手術が多くなっています。

※患者数が10人未満の場合は、「-」で表示しています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 48 1.40 6 2.08 64.58
K6335 鼠径ヘルニア手術 39 1.46 5.92 5.13 71.18
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 等 20 1.00 4.90 0 64.25
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 13 2.62 18.77 0 70.62
K7193 結腸切除術(全,亜,亜全切除又は悪性腫瘍手術) 11 4.91 24.00 18.18 77.45

腹腔鏡による手術が上位を占めています。
高齢者の多い地域のため、鼠径ヘルニアの手術も上位を占めています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 等 54 0 1.06 0 60.28
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 等 45 1.33 6.27 0 73.09
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの) 等 12 1 3.92 0 65.67
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 12 1.25 4 8.33 76.08
K783-2 経尿導的尿管ステント留置術 等 11 0.45 12.73 0 76.64

泌尿器科では、腎・尿管結石等結石に関する手術が上位を占めています。
また、膀胱悪性腫瘍手術も多くなっています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 47 3.40 17.26 72.34 81.09
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 23 1.43 18.30 0 62.52
K0811 人工骨頭挿入術(股) 17 3.24 18.76 76.47 79.88
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 等 13 2.46 14.85 0 57.46
K093 手根管開放手術 11 1.18 3.64 0 67.27

高齢者の多い地域性を反映して、骨折の患者様が多くなっています。
術後早期からのリハビリを実施し、機能回復、ADLの改善を支援しています。
特に、大腿骨骨折では、医療圏内、周辺地域の医療機関と地域連携パスを作成し、術後リハビリを目的とした転院を円滑に進めています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 腹式子宮全摘術 等 30 1.03 9.13 3.33 53.43
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 28 7.93 7.96 0 33.29
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 等 27 0.93 4.19 0 47.63
K861 子宮内膜掻爬術 20 0.20 4.25 0 55.20
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 等 15 2.87 8.87 0 32.80

当院では、選択的帝王切開、緊急帝王切開を合わせると帝王切開術が最も多く、婦人科手術では、子宮全摘術(子宮筋腫、子宮内膜症、ごく初期の子宮や 卵巣悪性腫瘍)が最も多くなっています。
また、卵巣に対する手術は開腹手術から腹腔鏡手術へ移行してきています。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K340 鼻茸摘出術 - - - - -
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔 - - - - -
K3721 中咽頭腫瘍摘出術(経口腔によるもの) - - - - -

常勤医師が1名のため、入院を伴う手術は少なくなっています。

※患者数が10人未満の場合は、「-」で表示しています。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 10 0 8.30 10 0
K249 角膜潰瘍掻爬術 - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの - - - - -
K7151 腸重積症整復術(非観血的) - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -

分娩児のストレスが強い場合、出生直後の児の呼吸循環が外界に適応できない場合があり、また、胎盤や臍帯等に異常をきたした場合も児に仮死状態が起こり えます。その際は、呼吸・循環を人工的に補助する蘇生処置が必要です。
当院では、標準的「新生児蘇生法:NCPR」に基づく蘇生処置を必要時に行っています。

※患者数が10人未満の場合は、「-」で表示しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 49 1.15
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

H28年度に比べ、入院患者数が増加しているが、全般的に発生件数が改善されています。
(H28年度発生件数合計62件、H29年度49件)

※患者数が10人未満の場合は、「-」で表示しています。



診療時間

初 診 平日 8時30分~11時
再 診 8時30分~17時
※予約制
休診日 土曜日、日曜日、祝日
12月29日から1月3日

0795-72-0524

(21時以降は 0795-72-2136)

診療科ごとの休診日は外来診療担当表をご覧ください。

外来診療担当表

交通アクセス

兵庫県立柏原病院

〒669-3395
兵庫県丹波市柏原町柏原5208-1

電車でお越しの方

JR福知山線(宝塚線)柏原駅下車 徒歩15分
バスおよびタクシーで3分

車でお越しの方

丹南篠山口ICから 北へ約20分

詳しいアクセス

  • 県立柏原病院の小児科を守る会

このページの先頭へ戻る

Copyright © Hyogo Prefectural Kaibara Hospital All Rights Reserved.