教育理念

 本校は、保健医療福祉の分野で地域や施設において、幅広く県民の健康と生活を守り活躍できる看護実践者を育成することを責務とする。

 また、科学的根拠にもとづいた看護実践能力や生涯にわたり看護を追究できる専門職業人を育成する。



教育目的

 豊かな人間性と自己啓発できる能力を持ち、看護の専門職業人として必要な基礎的知識・技術・態度を習得し、社会に貢献できる看護実践者を育てる。



沿   革

昭和46年4月 兵庫県立柏原高等看護学院として開学

昭和51年4月 学校教育法第82条の8により看護学科を置く専修学校として認可

昭和52年4月 兵庫県立柏原看護専門学校に名称を変更

※ 本校は、兵庫県立病院及び社会に貢献できる看護師を育てるために設置されています。
   開学以来1,312人の卒業生は、兵庫県立病院を中心に看護師として活躍しています。



設置学科

学科修業年限入学定員総定員
看護学科3年40名120名


学習環境

 ※ 自然が豊かで歴史ある丹波市柏原町に設置
    柏原町は、織田信長の子孫が治めた旧柏原藩の城下町でした。

 ※ 柏原病院(実習病院の一つ)と隣接
    柏原病院は、地域の中核病院であり、災害拠点病院です。

 ※ 専任教員は、経験が豊かで、安定した指導

 ※ 一学年40人の丁寧な指導



入学受験資格は

 ※ 高等学校又は中等教育学校を卒業した方(卒業見込みの方)

 ※ 高等学校卒業と同等以上の学力があると認められる方



卒業すると

 ※ 看護師国家試験の受験資格が得られます。

 ※ 保健師学校、助産師学校の受験資格が得られます。

 ※ 専門士(医療専門課程)の称号が得られます。

 ※ 大学3年次への編入資格が得られます。



授業料等は

入学料5,650円
授業料118,800円(月額 9,900円)


学生寮は

対象遠隔地の女子
定員1室2人、56人
食費1日 昼・夕食 900円
光熱水費1,500円/月額


主な実習施設は

柏原病院、三田市民病院、市立福知山市民病院、兵庫中央病院、
県立がんセンター(H23~)、香良病院、介護老人福祉施設、
訪問看護ステーション、保育所、介護保険事業所等



卒業後は

就職兵庫県立病院
 (柏原・尼崎・塚口・西宮・加古川・淡路・がんセンター等)、
大学・国・県・市等の公立病院、
日赤・労災等の公的病院、民間病院
進学保健師養成所、助産師養成所、大学編入等