1. HOME
  2. 診療科・部門紹介
  3. 地域医療教育センター
診療科・部門紹介

地域医療教育センター

地域医療教育センター

地域医療崩壊が社会問題となって以降、”地域で求められる医療人の育成”が強く求められています。すなわち、地域住民が抱える様々な健康上の不安や悩みをしっかりと受け止め、適切に対応するとともに、広く住民の生活にも心を配り、見守り、支える医療を実践する医療人が求められています。

地域医療崩壊を経験した兵庫県立柏原病院こそ地域医療にかかわる良質な医療人を育成していくべきであるとの院長の強い信念のもと、兵庫県立柏原病院に”地域医療教育センター”が設置されました。

神戸大学地域医療活性化センターと協力して、学生教育や卒後教育に積極的にかかわっていきます。医学教育モデル・コア・カリキュラムの中には”地域医療への貢献”と”地域医療・地域保健”、”地域医療臨床実習”が含まれ、医学生が必ず受講ないし実習しなければならない履修項目となっています。また、厚生労働省が初期研修医に対して課している臨床研修プログラムにおいても地域医療研修が必修となっています。

地域医療は、第一線の現場で体験することにより初めて、地域での医療の現状と課題が学ぶことができます。ぜひ柏原病院を地域医療実習のモデルにしたいと考えています。

また、研修医ならびに兵庫県養成医への地域での臨床教育の体制整備も重要課題です。全国的に、急速な高齢化が進行しており、多種多様な疾患や健康問題を持つ高齢者に対して効果的な医療が提供でき、地域包括ケアに対応したリーダーシップをとれる総合的診療能力を有する医師(総合内科医、総合診療医)養成の必要性も指摘されています。丹波地域は既に高齢化が進んでおり、総合的診療能力を身につけ実践するのに適した環境にあります。柏原病院を総合内科医、総合診療医養成のメッカにしたいと考えています。

 

以上のことを鑑み、兵庫県立柏原病院・地域医療教育センターでは以下の項目をそのミッションとし、地域医療教育に全力を注いでおります。

実際、初期研修医の臨床能力評価試験では全国でも最上位の成績を収めております。

皆様のご支援・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 兵庫県立柏原病院 地域医療教育センター長 見坂 恒明

ミッション

  1. 兵庫県養成医ならびに兵庫県養成医学生の教育
  2. 総合内科医(日本型ホスピタリスト)ならびに総合診療医の養成
  3. 看護学生ならびに医療関連学生を含む、地域医療に関する学生教育(CBL; community based learning)
  4. 医療機関従事者への生涯研修・教育支援
  5. 丹波の地域医療への貢献
  6. 地域医療教育カリキュラムの開発
  7. 地域医療及び総合診療の質向上に係る臨床研究

研修医・専攻医募集ページ ⇒

兵庫県立柏原病院では総合診療後期研修医と内科後期研修医の基幹病院です

専攻医を募集しています。また、病床拡大した新病院開設にあたり各々のスタッフの募集を行います。見学は随時受け付けております。
開業や臓器別専門医から総合医への方向転換のための再研修希望者も歓迎です。

初期研修2年目の方・・総合診療専門医プログラム、内科新専門医プログラムに対応
卒後3年目以上の後期研修医・・PC学会家庭医療専門医プログラム(Ver2)、内科プログラムに対応

初期研修医・後期研修医の増加に伴い、指導医になって頂ける方も募集致します。すでに十分な指導力のある方も歓迎しますが、これから指導医の勉強をしたい方も大歓迎です。大学でのノウハウを生かしたClinician educator養成を行います。

兵庫県 丹波篠山地区にある丹波市(人口7万人弱、医療圏約10万人、阪神間へのアクセスが比較的良い都会に近い田舎です。)にある、兵庫県立柏原(かいばら)病院とそれに関連するプログラムの医師募集です。
(後期研修医、スタッフ)

当院の強み
・総合診療が診療科の主役・・院内スタッフからも患者・住民からも総合診療がリスペクトされ、働きやすい環境。
・優れた教育力・・・兵庫県内や関西でも有数の総合内科/総合診療を中心とした医学教育をしっかり行っている病院です。

多くの有名病院も参加している、日本医療教育プログラム推進機構(JAMEP)が実施する初期研修医を対象とした臨床能力レベル評価試験「基本的臨床能力評価試験」で、全国上位の病院に入りました(1年次43位、2年次6位)。
http://www.kaibara-hp.jp/news/other/2316/
・優れた研究力・・・全国の総合診療関連の市中病院としては、学会発表や論文作成数がトップクラスです。
・新病院開設・・・平成31年7月に、県立の新病院が開設、同じ敷地内に市立の診療所を併設、市の保健センターと福祉センター、看護学校も同じ敷地内に新設されます。
・国際性と地域医療を兼ねた臨床能力・・・・サンディエゴに20年以上在籍した日本人医師と南アフリカの医師が常勤。一方で地域医療の教育にも力を入れております。
・病院を守る住民活動発祥の地
・総合診療新専門医制度の全研修を、すべて同一敷地内で対応可。希望で神戸・淡路・但馬含む全県的研修も用意。

http://www.kaibara-hp.jp/news/local/1904/

柏原病院紹介(PDFファイル)

兵庫県地域医療総合診療専門医プログラム

4月より日本専門医機構の新しい専門医制度がスタートしました。

県立柏原病院を基幹病院とする総合診療専門医プログラム「兵庫県地域医療総合診療専門医プログラム」には4名の登録がありました。登録した専攻医は、県立柏原病院の他、赤穂市民病院、公立豊岡病院で研修をスタートさせています。総合診療専門医プログラムに4名の登録は近畿圏内で最大の専攻医数です。

また、同じく2015年以前の卒業医師が対象の日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療後期研修プログラムの「丹波柏原地域総合医プログラム」におていは、今年度より新規に2名登録があり、計3名の登録となりました。

当地域医療教育センタ―では、院内各科や連携病院の力をお借りしながら、多種多様な疾患や健康問題を持つ高齢者に対して効果的な医療が提供でき、地域包括ケアに対応したリーダーシップをとれる総合的診療能力を有する医師の養成に取り組んでおります。

地域医療センター 学術業績(論文、学会発表等)

2015業績目録

2016業績目録

2017業績目録

トピックス

当院研修医が基本的臨床能力評価試験で好成績を収めました

http://www.kaibara-hp.jp/news/other/3835/

第1回兵庫県地域医療総合診療プログラム ポートフォリオ大会を行いました

http://www.kaibara-hp.jp/news/other/3729/

第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会において、当院研修医の藤川萌恵美先生が研修医優秀セッションで発表しました

http://www.kaibara-hp.jp/news/other/3722/

神戸新聞社説に当院が取り上げられました

http://www.kaibara-hp.jp/news/other/3678/

国際医療状況に関する懇談会が行われました

http://www.kaibara-hp.jp/news/other/3631/

家庭医療の国際学会WONCAで当院専攻医が発表しました。また、見坂恒明先生の発表が最優秀演題賞にあたる『Best Oral Presentation Award at WONCA 2018』にノミネートされました

http://www.kaibara-hp.jp/news/other/3418/

合田建先生が内科学会近畿地方会で優秀賞を受賞しました

http://www.kaibara-hp.jp/news/other/3369/

“医学生・研修医の日本内科学会ことはじめセッション”で合田建先生が優秀演題賞を受賞しました

第115回日本内科学会総会・講演会の、卒後5年目までが対象の“医学生・研修医の日本内科学会ことはじめセッション”において、専攻医の合田建先生が優秀演題賞を受賞しました。

また、指導医である見坂恒明先生が指導教官賞を受賞しました。

2017年度基本的臨床能力評価試験で好成績を収めました

2017年度の初期研修医の基本的臨床能力評価試験において、1年次が全国43位(358病院中)、2年次が全国6位(391病院中)、研修医総合20位(459病院中)の成績を収めました。全国の有名研修病院に引けを取らない好成績です。

当院の特徴は、先輩が後輩を教えるという屋根瓦式の指導方法と、指導医が直接指導する方法を組み合わせることにより、日々の教育環境の中で、研修医の成績が、毎年経年的に向上していることです。

※「基本的臨床能力評価試験」は、日本医療教育プログラム推進機構(JAMEP)が実施する初期研修医を対象とした臨床能力レベル評価試験です

岡副佑城先生が第219回内科学会近畿地方会において若手奨励賞(初期研修医の部)を受賞しました

医師求人・転職サイト「e-doctor」内のピックアップ病院に柏原病院が特集されました!。

病院の歴史から、特色・運営・経営方針など、院長のロングインタビューによる充実した内容となっています。

https://www.e-doctor.ne.jp/c/hospitalinfo/1712/

草野先生(H27年度専攻医)の論文が日本プライマリ・ケア連合学会誌に掲載されました

日本プライマリ・ケア連合学会誌に、当院における症例で草野俊亮医師(平成27年度在勤)の論文が掲載されました。

『病歴聴取と身体診察により診断に至った複数領域のリンパ節腫脹を伴う猫ひっかき病の1例』

草野 俊亮1),  見坂 恒明1) 2),  山本 哲也1),  秋田 穂束1)

1) 兵庫県立柏原病院総合内科  2) 神戸大学大学院医学研究科地域医療支援学部門

論文については、以下のサイトより閲覧することができます。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/generalist/40/3/40_156/_article/-char/ja/

合田建先生が神戸内科学セミナーで優秀演題賞を受賞しました

平成29年10月7日(土)に行われた第11回神戸内科学セミナーにおいて、当院内科専攻医の合田 建先生が優秀演題賞を受賞しました。

image1

「基本的臨床能力評価試験シンポジウム2017」において当院がパネリストに選ばれました

「基本的臨床能力評価試験シンポジウム」が、平成29年9月3日にイイノホール(東京都)で開催され、「基本的臨床能力評価試験※」において、当院の研修医の成績が上位であったことから、プログラム責任者の西崎副院長がパネル発表を行いました。

シンポジウムでは、試験の総括及び研究報告が行われ、その後、成績上位医療機関(5病院)における初期研修の取り組みと今後の課題について、プレゼンテーション及びパネルディスカッションが行われました。

当院の医学教育を基盤とする地域医療の質の向上に関する取り組みは、全国的に高い評価を得ています。

※「基本的臨床能力評価試験」は、日本医療教育プログラム推進機構(JAMEP)が実施する初期研修医を対象とした臨床能力レベル評価試験であり、2016年度の試験においては全国380機関、約4,600名の研修医が参加している試験です。

 

山本哲也先生が近畿支部若手奨励賞 (後期研修医の部)で優秀賞を受賞しました

第216回日本内科学会近畿地方会において、当院の症例で山本哲也先生(平成28年度選専攻医)が、近畿支部若手奨励賞(後期研修医の部)で優秀賞を受賞しました。

 

IMG_0403   IMG_6006

 

グラム染色道場

2年目研修医が主体となって企画し、1年目研修医や6年生のステューデントドクターが、検査技師に教わりながらグラム染色の施行や顕微鏡による検鏡を実践する勉強会を行いました。

○IMG_0329 ○IMG_0335

 

地域医療夏季セミナーinひょうごのホームステイ型地域医療実習について

地域医療夏季セミナーinひょうご(丹波市地区開催)において、ホームステイ型地域医療実習を行いました。地域医療実習でこれだけ複数の家庭で同時にホームステイを行うのは全国初の試みです。

夏期セミナー丹波新聞

平成28年度地域医療夏期セミナーの開催

平成28年8月18日(木)~20日(土)に兵庫県養成医対象の地域医療夏期セミナーが開催されました。

【医療面接実習】
【オリエンテーション】
【医療面接実習】
【医療面接実習】
【シミュレーター実習】
【シミュレーター実習】
【エコー実習】
【エコー実習】
【外来問診実習】
【外来問診実習】
【グループワーク1】
【グループワーク1】
【グループワーク2】
【グループワーク2】
【グループワーク3】
【グループワーク3】
【グループワーク4】
【グループワーク4】
【集合写真】
【集合写真】

あしだ塾~CT読影~

7月より毎月1回、元藤沢市民病院副院長 蘆田浩先生によるCT読影の勉強会を始めました。特に救急現場で必要な知識をcase basedで学ぶ会です。

芦田塾1
【あしだ塾1】
芦田塾2
【あしだ塾2】

研修医2年目の水木先生がNHK「総合診療医ドクターG」に出演しました

研修医水木

平成28年6月8日(水)に研修医の水木先生がNHK「総合診療医ドクターG」に出演しました。

【水木先生より】
「偶々御縁があり、ドクターGに出演させていただきました。普段からこの病院で教えられているとおりの診療を行おうと心がけましたら、無事正解にたどり着くことができました。
しっかりと教えて下さる柏原病院で研修できて良かったと思っています。お世話になっている先生方、いつもありがとうございます。」

平成28年度 内科カンファレンスの予定について

内科カンファレンスの予定を変更しましたので、お知らせします。

内科カンファレンス

入院カンファレンス
【入院カンファレンス】
HCUカンファレンス
【HCUカンファレンス】
内科全体カンファレンス
【内科全体カンファレンス】

~「冬季地域医療体験実習」を開催しました~

医学生が地域医療の現場を学ぶ「冬季地域医療体験実習」を、平成28年3月8日(火)~10日(木)に、当院で実施しました。
昨年8月の「夏季地域医療体験実習」に引き続いての実施で、多くの医学生の皆さんに医療現場での研修・体験とともに、丹波の良さも体感してもらいました。
将来の地域医療を支える若いエネルギーを感じるとともに、丹波地域での活躍にもますます期待が膨らむところです。
また、今年も夏季・冬季に体験実習を実施する予定です。ご参加をお待ちしています。

オリエンテーション
【秋田院長の講義】
研修医生活等の話
【先輩研修医との実習】
オリエンテーション
【先輩研修医との実習】
研修医生活等の話
【検査室での実習】
オリエンテーション
【検査室での実習】
研修医生活等の話
【親睦会】

“遠隔医療教育ネットワークが運用開始しました”

県立柏原病院と神戸大学や県立病院、県内の公立病院の計12病院を、テレビ会議システムでつなぎ、各病院間での様々な病気の症例検討や情報交換がリアルタイムで可能となりました。 診療機能の充実に大きく貢献することが期待され、さらに小規模病院の医師の孤立防止や専門医の指導によるキャリアアップなど地域医療の質の向上にも役立つことが期待されます。 (この内容は、27.11.30付の神戸新聞で紹介されました。)

20151130神戸新聞一面TVカンファレンス2

神戸新聞 掲載日:11月30日(月) 朝刊・朝一

神戸新聞NEXT(2015/11/30 07:00)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201511/0008607003.shtml

“地域医療冬季セミナーを開催しました”

兵庫県養成医学生がへき地医療の現場を学ぶ「地域医療冬季セミナー」を、12月22日(火)に当院で実施しました。
今年8月の冬季セミナーに引き続いての実施で、多くの学生の皆さんに医療現場での研修・体験とともに、丹波の良さも体感してもらい、将来の地域医療を支える人材の育成への貢献とともに、丹波地域での活躍にも期待が膨らむところです。

 

オリエンテーション
【オリエンテーション】
研修医生活等の話
【先輩研修医の話】
院内見学
【院内見学1】
院内見学2
【院内見学2】
緩和ケアの見学
【緩和ケアの見学】
集合写真
【集合写真】
懇親会
【懇親会】
IMG_2964
【講義風景1】
IMG_2978
【講義風景2】
合同カンファ
【講義風景3】

 

 

研修医1年目の阿瀬井宏佑先生が「神戸内科学セミナー」で優秀演題賞を受賞しました

asei
asei2

オープンセミナー

公開研修のお知らせページに掲載しています。

http://www.kaibara-hp.jp/news/seminar/

他病院とのネットワーク中継

豊岡病院・八鹿病院と、ネットワーク中継による合同セミナーを行いました。

「肝臓とアンチエイジング」西教授
「肝臓とアンチエイジング」西教授(合同配信)
オープンセミナーの様子
No1オープンセミナー1
No1オープンセミナー2
No3オープンセミナー
第4回オープンセミナー
第5回オープンセミナー
平成27年度 地域医療夏期セミナー
医療体験実習
シミュレーター実習
丹波市長講演会
集合写真
柏原・西脇病院 合同カンファレンス
柏原・西脇病院 合同カンファレンス


診療時間

初 診 平日 8時30分~11時
再 診 8時30分~17時
※予約制
休診日 土曜日、日曜日、祝日
12月29日から1月3日

0795-72-0524

(21時以降は 0795-72-2136)

診療科ごとの休診日は外来診療担当表をご覧ください。

外来診療担当表

交通アクセス

兵庫県立柏原病院

〒669-3395
兵庫県丹波市柏原町柏原5208-1

電車でお越しの方

JR福知山線(宝塚線)柏原駅下車 徒歩15分
バスおよびタクシーで3分

車でお越しの方

丹南篠山口ICから 北へ約20分

詳しいアクセス

  • 県立柏原病院の小児科を守る会

このページの先頭へ戻る

Copyright © Hyogo Prefectural Kaibara Hospital All Rights Reserved.