1. HOME
  2. 診療科・部門紹介
  3. 検査部
診療科・部門紹介

検査部

概要

臨床検査について

臨床検査は身体から採取された血液、尿、組織などを検査する検体検査部門と、身体を直接検査する生理機能検査部門に分けられます。

検体検査 生化学検査、血液検査など
生理機能検査 心電図検査、超音波検査など

これらの検査業務には臨床検査技師が従事しており、休日を含め24時間体制で、信頼性の高いデータを迅速に提供できるように努めています。

このページの先頭へ戻る

生化学検査

生化学検査室では、血液・尿・穿刺液中に含まれる化学的成分(糖・蛋白・脂質・酵素・電解質・腫瘍関連物質など)を分析測定しています。これらの成分には病気の有無や進行の程度によって、性質や量が変化するものが多くあり、これらを調べることは病気の診断や治療効果の判定、病状の経過観察に大変有用です。

主な検査項目

肝機能 TP、Alb、T-Bil、D-Bil、ch-E、AST、ALT、LD、γ-GTP、ALP
腎機能 UN、CRE、UA
膵機能 AMY
脂質代謝 T-CHO、TG、HDL-C、LDL-C
鉄代謝 Fe、UIBC、フェリチン
糖代謝 Glu、HbA1c
電解質 Na、K、Cl、P、Ca
腫瘍関連物質 AFP、CEA、CA19-9、PSA
血中薬物濃度 テオフィリン、ジゴキシン
甲状腺ホルモン F-T3、F-T4、TSH
その他 CRP、CK、トロポニンT、Mg、NH3、β2MG、KL6、BNP
血液ガス pH、pCO2、pO2、HCO3、tCO2、BE

このページの先頭へ戻る

輸血・免疫血清検査

免疫血清検査室ではウイルスや細菌等の病原菌に感染した時に生体の防御反応(免疫反応)で出現する抗体等を測定し、感染の有無を調べます。

また血液型や安全な輸血のために必要な不規則抗体検査、および輸血用血液製剤の一元管理を行っています。

主な検査項目

血液型検査 ABO式血液型、Rh式血液型
輸血検査 不規則抗体検査、直接クームス試験、(交差適合試験)
感染症検査 HBs抗原、HCV抗体、HIV抗原抗体、TPHA、RPR

このページの先頭へ戻る

血液検査

血液検査室では、血液中に含まれる赤血球、白血球、血小板数やヘモグロビン濃度の測定、末梢血液や骨髄液の形態学的検査を行っています。これらの検査は貧血や炎症状態、白血病などの血液疾患の早期診断や治療効果の判定に有用です。

また、出血を止める働き(止血・凝固)や一度固まった血液を溶かす働き(線溶)を調べます。これらは手術前の検査として、また抗凝固療法のモニタリングに有用です。

主な検査項目

血球計数 赤血球数、白血球数、血小板数、ヘモグロビン濃度、網状赤血球数
形態学的検査 末梢血液像、骨髄像
血液凝固検査 出血時間、PT、APTT、フィブリノーゲン、ATⅢ、FDP、D-ダイマー

このページの先頭へ戻る

一般検査

一般検査室では、主に尿や便の検査を行っています。尿検査は尿中に蛋白や糖が出たり、血液が混じっていないかを調べます。これらは代謝の異常や腎臓・尿路・膀胱の診断に役立ちます。便検査は便の中に血液混じっていないか(便潜血)を調べます。便潜血は大腸ガンをはじめとした消化管の出血性病変のスクリーニングとして大変有用です。

また、髄膜炎の診断に有用な脳脊髄液などの穿刺液検査や、簡易キットを用いて短時間で感染症の抗原を検出できる迅速検査も行っています。

主な検査項目

尿検査 尿定性(色調、濁度、pH、比重、蛋白、糖、潜血、白血球反応、
ビリルビン、ケトン体、ウロビリノーゲン、亜硝酸塩)、尿沈渣
便検査 潜血反応
穿刺液検査 脳脊髄液、胸水、腹水
迅速抗原検査 インフルエンザウイルス、アデノウイルス、RSウイルス、
A群β溶血連鎖球菌、尿中肺炎球菌、尿中レジオネラ菌、
糞便中ロタ・アデノウイルス、糞便中ヘリコバクターピロリ菌、マイコプラズマ

このページの先頭へ戻る

微生物検査

微生物検査室では、細菌による感染症の原因菌を突き止め、各種抗菌薬に対する感受性(薬の効き具合)の情報を臨床に提供しています。また院内感染防止のため、院内感染対策チームのメンバーとしても活動しています。

主な検査項目

塗抹検査 グラム染色(一般細菌)、抗酸菌染色(抗酸菌)
培養・同定検査査 一般細菌
薬剤感受性検査 一般細菌
迅速抗原検査 クラミジアトラコマチス、クロストリジウムディフィシル、ノロウィルス

主な検査材料

喀痰 呼吸器感染(カゼなど)を疑うとき採取
血液 重度の発熱のとき採取
便 下痢、発熱など食中毒などを疑うとき採取
傷などの化膿した部位から採取

このページの先頭へ戻る

病理検査

病理・細胞診検査の対象となるのは、手術および試験切除・内視鏡検査で得られた生体組織や穿刺および擦過等で得られた細胞です。その目的は病 変の性質、程度、範囲等を判定し、適切な治療方針を確定することです。このように、病理・細胞診検査は疾患の最終診断に直結し、患者様の生命をも左右する重要な検査です。
平成29年度より、病理医が常勤となりました。

病理組織検査

病変部から組織の小片をとったり(生検biopsy)、手術で摘出された臓器を調べ、病変の性質、程度、範囲等を判定し適切な治療方針を確定します。

検査に際し臨床検査技師は、組織や細胞の微細構造が顕微鏡で観察できるように、組織を数ミクロンの厚さに切り、色素で染めた顕微鏡標本を作成します。その標本を病理医が診断しています。

細胞診検査

尿や喀痰などの排泄物や、腹水・胸水などの体腔液中の細胞または、病変部を洗浄、擦過、あるいは注射器で吸引し採取した細胞を顕微鏡で観察し、異常細胞の有無を判定します。

病理組織に比較し簡単に検体が得られ、主に腫瘍細胞の発見に有用でがんの早期発見・早期治療に用いられます。また治療効果の判定や経過の観察再発の発見にも応用されます。

当院では細胞検査士(サイトスクリーナー)の資格を持った技師が担当しています。

術中迅速検査

術中に採取された組織や体腔液(胸水・腹水)などから標本を作成し、転移の有無や良性・悪性の判定をします。それによって手術時の切除範囲を最小限にとどめることができます。

平成22年4月より、遠隔画像診断装置を導入しました。

常勤病理医不在時でも、遠隔でがんセンター病理医による診断が可能です。また、標本のコンサルテーションにも使用できます。

病理解剖

病理解剖とは病気でなくなられた方の御遺体を、治療効果・直接の死因は何であったのかなど詳しく調べ、今後の医療に役立てていくためのものです。

※病理解剖を行うためには御遺族の承諾が必要です。今後の医学・医療の発展のためにも御協力をお願いいたします。


肺組織中の
アスペルギルス

喀痰中の癌細胞
(パパニコロウ染色)


肺癌の組織(HE染色)

肝臓癌

このページの先頭へ戻る

生理検査

生理機能検査室では、患者様の生理的な生体情報を記録・測定します。

安静時心電図、運動負荷心電図、普段の生活中の心電図を24時間記録するホルター心電図、超音波検査(心、腹部、甲状腺、乳腺、血管、他)、肺機能検査、脳波、聴力検査などを行っています。生理検査室で行う検査で痛みを伴うものや怖いものはありません。安心して検査を受けてください。

心電図検査

心電図は、心臓の筋肉(心筋)が収縮するたびに発生する微量の電流を、波の形の図形に記録したものです。正常な心電図は、心房にある洞結節から規則正しく起こる電気的刺激が、房室結節を経て刺激伝達系の道を通って心筋に伝わります。この洞結節のリズムが乱れたり、刺激伝導系の一部に障害が起きたりしますと、心収縮のリズムは不規則に乱れて、「不整脈」を起こします。

また、心筋には冠動脈という血管が血液を送っています。この血管の一部が狭くなって血流が乏しくなると、その部分の心筋細胞の興奮と回復が妨げられ、心電図に変化を示すようになり、狭心症や心筋梗塞が起これば、その変化はより明瞭に現れます。その他に、心肥大や心臓の軸の変化など、さまざまな所見が読み取れます。「不整脈」の有無と「虚血性心疾患」の有無を知るのが心電図検査の主な目的となっています。

運動負荷心電図検査

運動負荷心電図は、ベルトの上を走ったり(トレッドミル運動負荷検査)、階段を昇り降りしたり(マスター運動負荷心電図検査)して、運動前後に心電図を記録します。心臓に負荷 をかける事により安静時には認められない心筋虚血や不整脈を誘発します。また、心臓病患者の運動耐容能や心予備能の評価、あるいはリハビリテーションを目的として行われることもあります。

トレッドミル運動負荷検査

主に狭心症を診断するための検査法です。ベルトコンベアの様な装置の上を歩くことにより、運動した時の心電図変化を観察します。はじめの歩き出しはゆっくりですが、徐々に速くなり、最後は坂道をかなりのスピードで走るような負荷をかける検査です。この検査により、通常の心電図では異常がみつけられなった狭心症を、早期に発見することができます。

ホルター心電図検査

ホルター心電図は、バンドエイドのような電極を胸にはり、その電極と小さな機械をコードでつないで心電図を長時間連続で記録するものです。通常心電図での記録は数十秒ほどですから、異常がとらえられない場合もあります。これに対し、ホルター心電図では、日常生活中の不整脈や胸の痛みがあるときの心電図の記録が可能です。いつもは何ともないが時々しんどい、または一日のうちで何度かだけ調子が悪い、といった症状の方もこの検査の対象となります。

24時間血圧測定

携帯型の血圧記録器を長時間(24時間以内)装着していただきます。日常生活での血圧の異常を検出します。降圧剤等の薬剤治療効果も推定できます。

脳波検査

脳波検査は、人間の脳が常に出している微弱な電気信号を増幅し波形として記録するものです。異常な脳の活動や、反対に活動が通常より低下しているといったことをみる検査です。CTやMRIなどと併用されることが多いですが、得られる情報の性質は異なります。てんかんなどの一部の疾患では、典型的な脳波の波形がでることが知られており、診断や投薬の効果判定などに役立ちます。

呼吸機能検査

呼吸機能(肺機能)の検査は、肺がどの程度の働きをしているかを調べるものです。

肺の働きは大きく分けると

  1. 換気機能:空気を肺に出し入れする機能。
  2. 呼吸機能:酸素を肺から血液中に送り込み、二酸化炭素を血液中から体外に運び出す機能。

の2つがあります。

肺機能検査は、このような肺の能力を測定する検査ですが、主に「換気機能検査」が中心になります。この検査の目的は、障害の原因を具体的に診断するというより、病気の種類や重症度を調べることにあります。肺機能検査が行われる主な病気には、肺気腫や気管支喘息、慢性気管支炎、肺線維症などがあります。

聴力検査

聴力は、オージオメーターという器 械で測定します。いろいろな周波数の音を順次、どのくらいの音量できこえたかを調べます。聞こえのレベルはデシベル(dB)、音の高低は周波数(ヘルツHz)で表します。 dBは聞こえが良いほど小さく、難聴があれば大きくなりますが、正常ではどの周波数も30dB以下です。1000Hzを中心とした中音域が40-50dBを上まわるようですと、自覚的にも日常生活に支障が生じるようになります。

他覚的聴力検査

他覚的聴力検査は、新生児、乳幼児、精神発達遅滞、詐聴など聴力検査が施行できない症例において聴力レベルを推定するための検査法で、被検者が音を聞こえているか否かについて正確な返事ができないか、意識的に返事をしないときに用いられる検査法です。

神経伝導速度検査

神経伝導速度検査は末梢神経の伝導速度を測るものです。異常と思われる末梢神経を二ヶ所で電気刺激し、二点間の距離と伝導に要した時間とで伝導速度を計算します。測定方法には運動神経伝導速度と感覚神経伝導速度とがあります。神経に何らかの異常があれば、伝導速度は遅くなります。臨床的には各種の神経麻痺(肘部管症候群、手根幹症候群など)の診断や、頚椎症と末梢神経障害との鑑別の検査として行われます。

ABI(足関節上腕血圧比)

両手両足の血圧を計測し、心電図・心音図・脈波図を同時に測定することにより、動脈の伸展性および下肢血管の血流障害を調べる検査です。

心臓超音波検査

心臓超音波検査装置は心臓の断面をリアルタイムでディスプレイに表示します。胸壁上から心臓の各部(心房、心室、弁など)の大きさや形、さらにそれらの動きを観察できます(下図参照)。カラードプラ法を用いると心臓の中の血流の方向を赤色と青色で表示することができます。

心臓超音波検査は血圧が高い、心電図に所見が認められる、心雑音が聴取されるなどの人を対象に行います。心臓の壁の厚さ(心肥大または心臓の 壁の菲薄化など)、心臓の壁の動き(心筋梗塞、狭心症の発作時など)、心房や心室の大きさ(心筋症、弁の閉鎖不全など)、弁の変化(弁の閉鎖不全、狭窄など)、先天性の心疾患(心室中隔欠損、心房中隔欠損など)などを調べていきます。

腹部超音波検査

腹部超音波検査装置は腹部の断面をリアルタイムでディスプレイに表示し、からだの外側から肝臓、腎臓、膵臓、胆のうなどを種々の方向から観察できます。また、カラードップラー法やパワードップラー法などを用い血流情報も詳細に観察できます。

腹部超音波検査では主に形の変化を調べます。肝臓では腫瘍ができていないか、脂肪肝になっていないかなどを検査します。胆のうではポリープや 結石、腫瘍ができていないかなどを検査します。特に胆のうポリープや結石は超音波検査で見つかることが多い疾患です。腎臓は腫瘍や結石ができていないかな どを検査します。膵臓は腫瘍、炎症の有無などを調べますが、胃の後ろにあるため太った人では見えないこともあります。そのほか必要に応じて脾臓や腹部大動脈などの観察も可能です。

頸動脈超音波検査

頸動脈は動脈の中でも体表にあることから検査がしやすく、また頸動脈の病変から全身の動脈硬化の程度を推測することができます。

頸動脈超音波検査では血管の内膜中膜複合体の厚さやプラークの有無、血流速度などを調べます。

乳腺超音波検査

乳腺超音波検査では、乳房に腫瘍ができていないかを調べることができます。

乳房にしこりが見つかった場合マンモグラフィ検査(乳腺のレントゲン検査)や超音波検査を行いますが、マンモグラフィ検査が脂肪の多い年配の方に適しているのに比べ、超音波検査は若い方でも、しこりが発見しやすく痛みもありません。また、乳腺症などを調べることもできます。

胎児超音波検査

胎児超音波スクリーニング

2次元、3次元超音波装置を用いて胎児の異常の有無を調べますが、胎児の向きによって十分な解析ができなかったり、指の異常など細部の診断は困難なことがあります。

胎児心臓超音波スクリーニング

胎児の心臓をめぐる血液の流れは出生後、胎児循環から新生児循環へと大きく変化するため、出生後はじめて異常所見がはっきりしてくることも多 く、新生児期に心雑音やチアノーゼなどで気づかれることもあります。例えば、心房中隔欠損や小さな心室中隔欠損、といった異常は出生前には診断不可能ですし、総肺静脈還流異常や大動脈縮窄症などの異常は重症であっても出生前の診断は困難です。また出生後の血行動態変化により、心疾患の重症度が変化すること があります。この胎児心臓スクリーニング検査は、基本的に出生後すぐに専門医による治療が必要な重症例について、出産施設を含め出産方法を分娩前に見極め ることを目的としています。



診療時間

初 診 平日 8時30分~11時
再 診 8時30分~17時
※予約制
休診日 土曜日、日曜日、祝日
12月29日から1月3日

0795-72-0524

診療科ごとの休診日は外来診療担当表をご覧ください。

外来診療担当表

交通アクセス

兵庫県立柏原病院

〒669-3395
兵庫県丹波市柏原町柏原5208-1

電車でお越しの方

JR福知山線(宝塚線)柏原駅下車 徒歩15分
バスおよびタクシーで3分

車でお越しの方

丹南篠山口ICから 北へ約20分

詳しいアクセス

  • 県立柏原病院の小児科を守る会

このページの先頭へ戻る

Copyright © Hyogo Prefectural Kaibara Hospital All Rights Reserved.