1. HOME
  2. 診療科・部門紹介
  3. 看護部
診療科・部門紹介

看護部

看護部理念

思いやり・没我・協調

柏原病院副院長兼看護部長 中川裕美子

看護部方針

  1. 私たちは、患者さまの人権を尊重し、安全な看護を提供します
  2. 私たちは、地域との連携をはかり、その人らしい生活を支援します
  3. 私たちは、専門職として、たえず自己研鑽に励みます
  4. 私たちは、いきいきと働ける職場づくりに取り組みます

このページの先頭へ戻る

平成28年度 看護部活動目標

  1. 患者さんの意思を尊重し、安全で安心な看護を提供します
  2. 看護の専門性を発揮し、チーム医療に参画します
  3. 業務改善を推進し、経営に参画します
  4. 地域包括ケアを推進します
  5. 平成30年度の新病院開設準備に参画します

平成28年度 看護師長会

このページの先頭へ戻る

看護部組織図

看護部組織図

このページの先頭へ戻る

看護部委員会

看護部委員会

看護単位紹介


外来

安心して外来診療を受けて頂けるように、丁寧な看護サービスの提供に努めています。
在宅療養指導、糖尿病療養指導、フットケア、母乳育児指導、ストマ指導などに力を入れ、患者さま支援に取り組んでいます。

内視鏡センター:消化器内視鏡技師の資格を持つ看護師を中心に検査介助をしています。最新の内視鏡機器を設置し、高度な検査・治療を提供しています。

通院治療センター:がん化学療法看護認定看護師を中心に、患者さまが社会生活を送りながら治療を継続できるようQOL(quality of life)を重視し、安心して抗がん治療を受けていただけるよう支援しています。





HCU
手術室

手術室:診療科医師、麻酔科医師と看護師がチームを組み、患者さん・ご家族が安心して手術を受けられるように術前・術中・術直後の看護を行っています。手術前訪問では患者さんが手術やHCU(ハイケアユニット)をイメージし、安心して手術に臨んで頂けるように情報提供を行い、質問や要望にお応えしています。

HCU:手術直後の患者さんと重症患者さんの集中的な管理と看護を行います。





2階北病棟

一般外科・泌尿器科・眼科・内科の混合病棟です。手術を受ける患者さんは、手術の大小に関係なく不安は大きく、手術のオリエンテーションを通して術前術後の不安軽減に努めています。そして手術が最良の状態で受けられるように準備し、手術後の回復を目指して早期離床をすすめています。明るく笑顔あふれる病棟です。




3階病棟

丹波市内唯一の分娩施設です。産婦人科14床・新生児4床・小児科12床・耳鼻咽喉科2床です。里帰り分娩の方を含め、年間200件あまりの分娩のお手伝いをしています。細やかな対応を心掛け、安全・安心な医療を提供しています。





4階南病棟

循環器疾患・消化器疾患の検査・診断・治療を中心とした内科病棟です。
循環器疾患では、心筋梗塞・狭心症のカテーテ検査・治療、心筋梗塞後のリハビリテーション、不整脈治療、心不全の薬物療法などが中心です。消化器疾患は主に内視鏡検査・治療、化学療法を行っています。生活指導と社会復帰のお手伝いをしています。





5階南病棟

整形外科では、基本的な生活援助を中心に、運動機能の回復・増進のため患者さん個々にあった看護を提供しています。また、社会復帰に向けたリハビリテーションと共に、希望に添った退院支援を受けていただけるように看護師による退院前訪問を行っています。






緩和ケア病棟

平成26年度4月、丹波圏域で初めて緩和ケア病棟20床がオープンしました。患者さんとご家族の思いを大切に、その人らしい生活をおくっていただけるように支援しています。青い空や緑あふれる自然が感じられるロビー・キッチン・特別浴槽・和洋室の家族控室を整備しています。穏やかな時間を過ごしていただけるよう、音楽の集いや病室の飾りつけ、季節に応じた七夕会や夏祭りなどを行なっています。薬剤師や管理栄養士などと協働し、患者さんとご家族のQOLの維持・向上を目指します。ご自宅での療養を希望される場合も、安心して暮らせるように地域との連携を図っています。

このページの先頭へ戻る

認定看護師の紹介

5人の認定看護師が活動しています

認定看護師 徽章

私たちは、各看護分野において、熟練した看護技術と知識を活かし、患者さんのために水準の高い看護を実践できるよう日々、努めています。

認定看護師の紹介

このページの先頭へ戻る

地域のみなさまへ

平成28年4月に11人の看護師が入職しました

新人看護職員臨床研修と県立病院の合同研修で学び、OJTで看護実践を積み重ねています。患者さん・ご家族・スタッフに見守られ、丹波の医療・看護を支える看護師へ成長しています。

25人の看護師が入職しました

このページの先頭へ戻る

地域のみなさんと共に学び共に育つ 学習の場を作ります

学習の場を作ります

このページの先頭へ戻る

地域包括ケアを推進しています

地域包括ケア

丹波圏域の医師・看護師・介護・福祉のみなさんと「地域連携ミーティング」を開催しています。(写真右)
地域の皆様と一緒に事例検討を行いながら、患者・家族の意志決定支援・自立支援をすすめ、急性期病院の役割を考え相互理解を深める場を作っています。

このページの先頭へ戻る

教育担当看護師長の紹介

平成27年4月から、新人看護師の教育担当看護師長役割が新設されました。
新人看護師として歩み始める第1歩は、生涯にわたるキャリアの基礎となり、看護師としての姿勢や倫理観を醸成する大切な時期です。看護師の責務を自覚し、自律した看護師として成長してほしいと願いながら、当院の経験豊かな看護師と共に一人ひとりを大切に育成したいと考えています。

このページの先頭へ戻る

臨床工学技士の紹介

臨床工学技士は、生命維持管理装置をはじめとする医療現場で使用される機器の操作・保守点検専門に行っています。生命維持管理装置とは、人間が生きてゆくために必要である「呼吸」「循環」「代謝」の働きを代替え、または補助するための機器を指し、命に直結する非常に重要なものです。
当院においては、心臓カテーテル治療や人工呼吸器管理、急性血液浄化、ペースメーカー治療や医療機器管理など、幅広い業務に従事しています。また、生命維持管理装置のような特殊な医療機器のみならず、病棟で日常的に使用される(患者様のそばにある)医療機器についても点検や管理を行っています。

このページの先頭へ戻る

助産外来の紹介

妊産婦さんに安心して妊産褥期を過ごしていただけるように、外来での保健指導に力を入れています。妊産婦さんの多様なニーズに応じられるよう、経験豊富な助産師が、初診指導・初期母親教室・後期母親教室・妊婦健康相談・出産準備教室・おっぱい相談等を行っています。出産準備教室は、父親や祖父母の方に沐浴やおむつ交換等を体験していただくこともできます。

このページの先頭へ戻る

糖尿病療養指導の紹介

糖尿病で外来通院している患者さんの自己管理を支援するために「生活、食事、お薬、運動、悩みなど」について医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士等のチームで外来糖尿療養指導を行っています。
今後、丹波地域の医療機関の先生方にも指導チームの一員としてご協力を頂き、連携を図りながら支援体制の充実を図りたいと考えています。

このページの先頭へ戻る

 



診療時間

初 診 平日 8時30分~11時
再 診 8時30分~17時
※予約制
休診日 土曜日、日曜日、祝日
12月29日から1月3日

0795-72-0524

診療科ごとの休診日は外来診療担当表をご覧ください。

外来診療担当表

交通アクセス

兵庫県立柏原病院

〒669-3395
兵庫県丹波市柏原町柏原5208-1

電車でお越しの方

JR福知山線(宝塚線)柏原駅下車 徒歩15分
バスおよびタクシーで3分

車でお越しの方

丹南篠山口ICから 北へ約20分

詳しいアクセス

  • 県立柏原病院の小児科を守る会

このページの先頭へ戻る

Copyright © Hyogo Prefectural Kaibara Hospital All Rights Reserved.