1. HOME
  2. 診療科・部門紹介
  3. リハビリテーション科
診療科・部門紹介

リハビリテーション科

概要

 当科は、各疾病から引き起こされる麻痺などの機能障害や基本動作・身の回り動作などの能力障害に対し、リハ治療プログラムを作成し、段階的にすすめていきます。病院内外の部門と連携を図り、自宅復帰や社会復帰に向けた支援を行っています。
 また、急性期リハビリテーションの実施、地域との連携を図るための情報提供、当地域に発生する小児から高齢者までのすべてのリハビリテーションニーズに対応しています。
 当科には、理学療法部門、作業療法部門、言語聴覚療法部門があり、それぞれに国家資格を有する専門職を配置しており、これらを効果的・効率的に組み合わせて治療にあたります。

主たる対応科および疾患(障害)

脳神経外科:脳卒中、頭部外傷、神経筋疾患、パーキンソン病
内 科:呼吸器疾患、臥床による廃用症候群
整形外科:骨折、靭帯・腱・神経損傷、人工関節術後、四肢・脊椎の疼痛
小児科:発達遅延、脳性麻痺
外 科:乳がん等の術後の運動障害、臥床による廃用症候群
耳鼻咽喉科:顔面神経麻痺、口蓋裂、嚥下障害 

リハビリテーションを受けるには

外来リハビリテーションを受けるには

地域連携室を通して、受診してください。

理学療法部門

運動療法

運動療法は、理学療法における治療手段として中心的役割りを果たしています。

関節可動域・筋力・バランス機能・運動の協調性・痛み等の改善(回復)を行い、関節を曲げ伸ばしするといった簡単な運動から、麻痺筋への治療や歩行などの複雑な運動、あるいは日常生活活動などの機能・能力を高めます。

また、障害の改善だけでなく、身体機能の維持・増大を図り、障害や疾病を予防するという目的も含まれます。

  • 関節可動域訓練
  • 筋力強化訓練
  • 基本動作訓練
  • 歩行訓練
  • 呼吸訓練
  • 運動発達訓練 etc

※当院では担当制をとっていますので、外来は予約が必要です。

物理療法

物理的なエネルギーを利用して治療をする方法をいいます。物理的エネルギーとは熱や光や電気などのことで、たいていは治療機器を用いて、主として痛みをとることを目的とした治療法です。

  • 温熱療法
  • ホットパック・極超短波・超音波
  • 電気刺激療法
  • 低周波 ・干渉低周波
  • 光線療法
  • レーザー
  • 牽引療法
  • 腰椎介達牽引・頚椎介達牽引
  • 水治療法
  • 渦流浴

※当院では、こういった療法を単独で行うことはなく、運動療法と組み合わせて行います。

その他

車イス・補装具の適合性のチェックを行います。

作業療法部門

簡単に言うと、「作業」を用いて行う治療、訓練、援助です。 作業療法=Occupational Therapy を略してOTと言います。

日常生活のいろいろな動作(ご飯を食べる、トイレに行く、服を着がえる etc.…)、趣味のことや遊び、仕事など、人の生活全般に関わる活動全てを「作業」と、私達は考えます。

当院では入院・外来の患者様に対し、作業療法を行っています。(整形疾患、乳がん術後、入院中の廃用症候群など)

↓日常生活のための実際の動作を練習します。

↓日常生活の動作を助ける自助具も、ニーズに合わせて考えます。他にも色々あります。

【靴下エイド】
靴下を履く時に使います。

【爪きり】
台付き爪きり(白い方)と片手用爪きり

【リーチャー】
手の届かない所の物を引っ張ったり、押したり…

言語聴覚療法部門

ことばによるコミュニケーションに何らかの障害を持つ人に対して、コミュニケーション機能の向上や実用化を目指した専門的サービスを提供し、自立と社会参加を支援することを言語聴覚療法(Speech Therapy=ST)といいます。

また、当院ではST部門で摂食機能療法をおこなっており、食べること・飲み込むことに障害を持つに人に対して、機能の向上、QOLの向上を目指した訓練・支援を行っています。

言語聴覚療法

1. 主に失語症の患者様を対象にした言語機能回復訓練を行います。時にはコンピューターを用いての訓練も行います。
2. また、脳卒中などの後遺症による構音障害の患者様を対象に発声・発語訓練を行います。

摂食機能療法

主に脳卒中の後遺症により、食べること・飲み込むことが障害された患者様に対して摂食嚥下機能の回復訓練を行います。

嚥下障害セルフチェック
Q1 口から物がこぼれますか?
Q2 食べ物が口の中に残りますか?
Q3 飲み込もうとする前にむせることはできますか?
Q4 強くゴックンとできますか?
Q5 飲み込んだ後も食べ物がのどに残っている感じはしますか?
Q6 食事中、むせることはありますか?
Q7 食事中、のどがゴロゴロしますか?
Q8 食後、疲れますか?
Q9 時々発熱しますか?
Q10 食事にかかる時間が長くなりましたか?

*兵庫県耳鼻咽喉科医会 嚥下障害問診表 より抜粋

上記の項目に一つでもチェックがつけば、嚥下障害の可能性があります。嚥下障害を放置していると、肺炎など重大な疾患につながる恐れがあります。当院耳鼻科で嚥下機能の評価することができますので、かかりつけ医にご相談のうえ、来院していただくことも可能です。

嚥下機能を維持する体操


1 肩を上げる・下げる

2 首を左右に倒す(耳を肩につけるように)

3 首を左右にまわす(後ろを振り返るように)

4 口を大きく開ける・閉める

5 口を突き出して横に引く(ウーの口、イーの口)

6 舌を前に出す・引っ込める(力強く)

7 舌を左右に(しっかり口の端をさわるように)

8 舌を上下に動かす

言葉の説明

    1. 失語症

主に脳卒中の後遺症により、言葉を「聞く」「話す」「読む」「書く」こと、「計算する」ことが障害されることをいいます。理解は比較的良いのに、うまく話が出来ないタイプや、流暢に話をすることが出来るのに理解が悪いタイプなど、その症状は様々です。

    1. 構音障害

一般的に言う「呂律障害」です。当院では脳卒中や舌癌手術後の後遺症などにより、口唇・舌等の運動障害がおこり発音がうまく出来ない場合に訓練対象となります。

    1. 摂食機能

簡単に言うと、「食べる機能・飲み込む機能(=食事をする)」です。おいしく安全に食事をするには、口唇・舌・咽喉頭など、様々な器官がスムーズに運動することが必要です。当院では主に脳卒中の後遺症によりこれらの運動が障害され、これまで通り食事をすることが困難になった場合に訓練対象となります。

スタッフ構成

医師2名、理学療法士3名、作業療法士2名、言語聴覚士2名(1名はこども病院兼務)、事務員1名

このページの先頭へ戻る



診療時間

初 診 平日 8時30分~11時
再 診 8時30分~17時
※予約制
休診日 土曜日、日曜日、祝日
12月29日から1月3日

0795-72-0524

診療科ごとの休診日は外来診療担当表をご覧ください。

外来診療担当表

交通アクセス

兵庫県立柏原病院

〒669-3395
兵庫県丹波市柏原町柏原5208-1

電車でお越しの方

JR福知山線(宝塚線)柏原駅下車 徒歩15分
バスおよびタクシーで3分

車でお越しの方

丹南篠山口ICから 北へ約20分

詳しいアクセス

  • 県立柏原病院の小児科を守る会

このページの先頭へ戻る

Copyright © Hyogo Prefectural Kaibara Hospital All Rights Reserved.